天草町大江出身、松下光廣翁の生い立ちからベトナムでの活躍、晩年亡くなるまでの幅広いドキュメンタリーとなっている『「安南王国」の夢』

当時の仏領ベトナムでどのようなことがあったのか私たち大江出身の人達にも話す事の出来なかった壮絶な人生を知ることができます。

松下光廣翁は、昭和45年に大江の子供たちの為の奨学金制度を創設、昭和50年には旧大江中学校へ図書館設置など、故郷大江の振興に多大なる寄与を行っています。

2012年07月01日

浅羽ベトナム会安間事務局長 来訪時 記念撮影

2012年6月10日に静岡県袋井市 浅羽ベトナム会の安間事務局長との懇談会がありましたが、
安間事務局長よりその時の写真をいただきました。ありがとうございます!




下段中央が安間事務局長

辿る会より、2012年5月に発売された示車右甫氏著書「天草回廊記 隠れキリシタン」を贈呈致しました。


「天草回廊記 隠れキリシタン」
海鳥社

  


Posted by 松下光廣翁の足跡を辿る会  at 14:26Comments(0)活動報告

2012年06月18日

静岡県袋井市浅羽ベトナム会 安間事務局長 来訪記

2012年6月9日、10日

安間氏主宰の「浅羽ベトナム会」は、ベトナム独立の英雄となったファン・ボイ・チャウを支援した同県袋井市浅羽町出身「浅羽佐喜太郎」氏を顕彰し、ベトナムとの交流を積極的に取り組まれ、町興しとして成果を上げベトナムとの相互訪問、留学生ホームステイまで実施しています。

平野屋 瓣にて 浅羽ベトナム会事業内容の説明とDVDの鑑賞、懇談など盛り沢山の内容でした。

松下光廣翁が天草を離れ、かの地に渡る同時期のことであり、翁が生涯支えた皇太子クオン・デ候と共に戦ったファン・ボイ・チャウ。明治・大正・昭和と激動の歴史の真実を垣間見る思いでした。

来年2013年はベトナムとの国交回復40周年となり、浅羽・天草と連携して事業が出来る事を希望しております。

事務局 松浦四郎



フエ市郊外にあるクオン・デ候墓地


フエ市内 東宮元帥祠
※浅羽ベトナム会 安間氏提供資料より

関連ページ
浅羽・ベトナム友好85周年記念式の報告
2010袋井ベトナム交流会議




同日、「安南王国」の夢 著者 牧久氏に許にアメリカ国防省からクオン・デ候の孫にして、祖父がお世話になったお礼に東日本大震災被災地の南相馬市の除染作業に半年間奉仕された方の来訪を受けたと連絡がありました。

  


Posted by 松下光廣翁の足跡を辿る会  at 12:12Comments(1)活動報告

2012年04月14日

本番前日 会場準備中!

いよいよ明日に迫った「松下光廣翁の足跡を辿る記念講演会」

今日(4月14日)、辿る会メンバーと大江出身の市役所職員「大江職員会」の皆さんが会場設営のため朝8時より集まり、ただ今作業中です!















  

Posted by 松下光廣翁の足跡を辿る会  at 10:41Comments(0)活動報告

2012年04月04日

安田市長 記念講演会へ出席

4月4日(水)
松下光廣翁の足跡を辿る会の代表 平石瑞穂氏と事務局 松浦四郎氏は、安田公寛天草市長へ記念講演会準備の経過報告のため訪問しました。







平石氏は、記念講演会準備の進捗状況、松下光廣奨学金制度の情報をまとめた調査等の報告を行ないました。
この中で安田市長が、記念講演会を出席する旨を平石氏に話しておられました。

安田市長は、著者牧久氏から頂いた本を読み、「松下光廣氏のお人柄と功績を始めて知りました。図書館、奨学金など地域貢献のみならず、天草の先人のご活躍に胸躍る思いです。8日の東京天草郷友会でもこの事をお伝えします。」
と語られました。

また、文化人市長は、歴史にもご造詣が深く、発売予定である崎津 今富地区を中心に隠れキリシタン歴史に大きな一石を投じられるであろう歴史小説の刊行を心待ちにしているともお話し下さいました。


訪問に際して、ご多忙の中 快くご対応頂き誠にありがとうございました。  

Posted by 松下光廣翁の足跡を辿る会  at 19:57Comments(2)活動報告

2012年04月01日

ポスター貼りのお願い回り

3月28日(水)



完成した記念講演会開催のポスターを、後援いただいている団体様へポスター掲載のお願いをしにお邪魔しました。
その中で、河浦町周辺を訪問している様子の一部を掲載したいと思います。


河浦支所



天草コレジオ館


新合出張所

南側、北側と2班に分かれてポスター掲載のお願いに行きました。
突然の訪問にも関わらず、快くご対応頂きありがとうございました。
  

Posted by 松下光廣翁の足跡を辿る会  at 01:55Comments(0)活動報告

2012年03月10日

記念講演会開催のご報告墓参

3月9日(金)
私たち辿る会は、『松下光廣翁の足跡を辿る会発足』と、『記念講演会開催』を行うご報告をするため松下光廣翁の生家を訪ね、お墓参りを致しました。


生家に飾られている松下光廣翁の肖像画 






松下光廣翁生家の管理と墓守をされているおいの松下正明さんにご連絡し、本会の経緯や、牧 久氏による講演会の件等を話してきました。


光廣翁が晩年過ごされた居室
使われていた家具など、当時のままにしているそうです。



正明さんよりご案内いただき、墓地へ。
辿る会を発足、記念講演会開催をご報告してまいりました。



墓地からは大江天主堂が。


今回のご訪問に快くご案内いただきました、松下正明さん、房美さんご夫妻。
本当にありがとうございました。

追記
墓参した際、熊本日日新聞社の取材がありました。
記事はこちらから。  

Posted by 松下光廣翁の足跡を辿る会  at 12:12Comments(0)活動報告